よくあるご質問/お墓がなくても大丈夫!自宅での心のこもった身近な供養ができる「手元供養」ならエターナルジャパン

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

エターナルプレートはどのように作られるのですか?

EPw014.jpg

まず、不純物を取り除いた焼骨をパウダー状に加工処理します。
焼骨粉(リン酸カルシウム)と金属化合物粉末を合成加工処理する
ことにより、数十ミクロンの合成ファインセラミックパウダーに
生まれ変わります。
そのパウダーを2000kg/cm2の高圧下で成形し、1300℃の高温で
焼成することで、非常に強固なファインセラミックスになります。
研磨加工したプレート表面に、レーザー彫刻を施して完成します。
完成まで、約2ヶ月前後かかります。

質問一覧へ

お骨をプレートなどに加工して自宅保管することは、法律的に問題ないのですか?

正式な手続きを経て火葬を済ませた焼骨は、故人や遺族の意志により自宅での保管が可能です。
「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法) 第2章 第4条で、「埋葬又は焼骨の収蔵は、墓地以外の区域に、
これを行ってはならない」 という条文があります。
これは、お墓や納骨堂以外の場所、例えば、他人の私有地や自宅の庭に勝手に焼骨を埋蔵する(地中に 埋める)
事を禁止していますが、自宅等で保管する事は、本条に違反するものではないとされています。
また、お骨をプレートにすることは散骨と同様で、現在の墓地埋葬法では規定がありません。
散骨について「それが葬送の為の祭祀(さいし)として節度をもって行われる限り問題はない」との 法務省の見解と同様、
自宅供養のための加工ですので、法律的には全く問題はありません。
ちなみに、大阪の浄土宗一心寺で は、数十万人の遺骨で骨佛をつくり納骨堂に安置しています。
宗教的にもお骨を加工することは、問題がないようです。

質問一覧へ

遺骨で作るメモリアルを頼むには、どんな手続きが必要ですか?

まずは資料請求をお願いします。
こちらからお送りするご案内資料に含まれている「お申込書」に必要事項を書き入れていただくだけで、
特別な手続きは必要ありません。
ご用意いただくのは、「ご遺骨」と「埋火葬許可証(コピー可)」、「お申込書」の3点です。
写真タイプをご希望の方は「紙焼き写真」を、追加彫刻を希望の方は「原稿」をご用意下さい。
ご遺骨の受け渡し方法は、3つの方法があります。

1.郵便小包による郵送: 郵便局の「ゆうパック」をご利用いただければ、お骨を送ることが出来ます。
2.弊社へお持ち込み : 遺骨の郵送に抵抗のある方は、事前にご予約の上、ご来社下さい。
3. ご自宅まで引き取り: お客様のご都合にあわせて引き取りにまいります。(実走距離で50km以内)
この場合引き取り費のご負担をお願いしています。(距離により費用が変わります)
加工完了後、お客様のご希望する方法でお渡しいたします。

質問一覧へ

お骨はどのくらい使うのですか? 少量のお骨でも出来ますか?

ほとんどの骨壷には、火葬時の供物の灰や金属類(クギやホッチキスの燃え残り)などが入っています。
私達はそれらの不純物を丁寧に取り去り、白くきれいな焼骨を選んでメモリアルをお作りしています。
通常、エターナルプレートの製作には約400~500g、ペンダント製作は約100gの遺骨をお預かりします。
焼骨成分を70%含むセラミックスプレートを作る場合の目安です。
お骨が少量(微量)しかない場合、焼骨と同じ成分を足してお作りします。
遺骨の割合が少なくなりますが、通常のものと同じように仕上がりますので、全く問題はありません。
※極端に少ない場合は、ペンダントにすることをお奨めします。

質問一覧へ

遺骨メモリアルを製作した後、残ったお骨はどうしたらよいですか?

焼骨の量は人により様々で、地域の習慣によっても骨壷に収める量が違います。
お骨の量が少ない場合はすべてを使いますが、大きな骨壺で全骨ある場合は半分以上残ります。
・納骨を予定されている方には、残ったお骨をそのまま骨壺に残してご返却いたします。
・ご家族による散骨を希望される方には、散骨用に粉末加工してお返しいたします。
・返却を希望されない場合は、弊社の「委託散骨」や「残骨処分(合同散骨)」をご利用下さい。
(そのまま返却以外は、別途費用がかかります)

質問一覧へ

エターナルプレートで墓地や霊園に収めることはできるのですか?

top_con1_img_2_1.jpg

姿カタチはかわっても、故人の遺骨で作られたメモリアルです。
基本的に問題は無いはずですが、受け入れる墓地側の考え方次第です。
理解のあるご住職や墓地管理者であれば、快く受け入れて
くれるでしょう。
※納骨のためには「埋火葬許可証」が必要になります。
エターナルプレートの桐箱は二段構造ですので、
埋火葬許可証など大切な書類を一緒に保管すること
が出来ます。
エターナルプレートやエターナルパウダーでの納骨は、
限られたスペースしかない墓地や霊園にとって、 将来的には
とても合理的な方法と考えています。
実際、実施を検討されているお寺さんもいますので、
近い将来、それが当たり前のようになるかもしれません。

質問一覧へ

お墓に入っている遺骨を取り出して、メモリアルを作ることは出来ますか?

もちろん可能です。
保存状態にもよりますが、古い物でもお骨として形が残っていれば大丈夫です。
屋外の墓地の場合、湿気や雨水などが骨壷に溜まっていることがありますので、骨壷を墓から取り出す際は、
中の水を完全に流し出して下さい。
(屋外の墓地は、遺骨の保管場所として決して最適な環境とは言えません)
そのような遺骨をお預かりする場合、1週間ほど自然乾燥させてから作業を行いますので、通常の納期よりも
遅れる場合がありますのでご了承下さい。

<納骨済みの遺骨を、墓地や霊園から返却してもらう手続きについて>
「自宅での供養(保管)」や「散骨」を目的として遺骨をお墓から取り出すことは、別のお墓へ移動する「改葬」 (お墓の引越し)
ではないので、改装許可証の準備や、役所への届出などは一切必要ありません。

遺族側の墓地管理者(管理費などを支払っている人)が、墓地の管理事務所に「自宅で供養したいので 預けている遺骨を
返却してください」と申請するだけです。
遺骨返却の為の申請用紙を用意している墓地もあり、引き取る理由の覧に「自宅へ安置する」という項目がありますので、
手続きは非常にシンプルです。
遺骨の受け渡しの際、「遺骨引渡し証明書」などを発行してくれる所(都営霊園など)もあります。

※「一度納骨したお骨は取り出せない・・・」という法律はありません。
「改葬」以外で遺骨を返却したことがない墓地側は、経験や知識がない為、少し戸惑うかもしれませんが、
遺族の希望をきちんと説明し、近年の葬送状況を調べていただければ対応してもらえるはずです。
どうしても話が通じない場合は、弁護士または弊社へご相談下さい。

ちなみに、埋葬されている遺骨を取り出し、お墓を解約することも可能です。
その場合、墓石の撤去やさら地に戻さなければならず、費用はすべて利用者の負担になるようです。

質問一覧へ

預けた遺骨が、他の人の遺骨と取り違えたり、混ざってしまうことはないのですか?

お客様にとって大切なご遺骨ですので、管理は万全の体制で行っております。
お預かりしたお骨は、骨壷から取り出す段階で個別の容器に収めて管理していますので、加工の開始から 仕上りまで、
どなたの遺骨であるかを確認しながら作業をしています。
また、使用する機械類や容器は、使用後に毎回清掃していますので、他の骨が混ざることはありません。

私達は、手元供養を提唱したパイオニアとして、プライドと責任を持ちながら、その普及に尽力しております。
お預かりした遺骨でメモリアルを製作し、お渡しする、というのが私達のサービスの大原則であり、
お客様に 喜んでいただくことを、何よりの励みとして作業を行っています。
ご依頼の際は私達をご信頼いただき、どうぞ安心してお預け下さい。

質問一覧へ

散骨は法律的に問題ないのでしょうか。また、散骨を行う場合、どのような手続きが必要なのでしょうか?

散骨は違法ではありません。また、特別な手続き(届け出)も必要ありません。
昭和23年5月に制定された「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)では、焼骨の埋蔵、収蔵についての規定は ありますが、
法律の出来た当時「散骨」という行為が一般的でなかったため規定されませんでした。

<法律との関係について>
散骨については、1998年6月に旧厚生省が諮問した懇談会での見解、
◆散骨は、希望するものが相当の節度をもって行う場合は、処罰の対象としない。
◆今後は社会的な取り決めが設けられる事が望ましい。
が、現在、国の見解とされています。

法務省は、刑法190条の遺骨遺棄罪との関係について、
◆葬送の為の祭祀で節度を持って行われる限り問題はない。
◆死者を弔う目的で、相当の方法で行われるのであれば、刑法の死体損壊罪の遺骨遺棄には当たらない。
としています。

規定がない現在、散骨業者などが独自のルールを作り実施しているのが現状です。
従って個人(家族)で散骨を行う場合でも、特別な手続き(役所への届出や許可)は一切必要ありません。
※ごく稀ですが、独自の条例で散骨を規制している地域(町)はあります。(北海道長沼町など)

繰り返しますが、遺骨の供養方法は、ご遺族の意思で自由に決めることが出来ます。
お墓に入れなくてはいけない!という法律や義務は一切ありません。

さらにご質問がある方は、直接弊社へお問い合わせ下さい。

質問一覧へ

散骨の方法を教えて下さい。

散骨は、葬送を目的とし節度をもって行われる限り容認されています。
許可制ではありませんので、役所への届出や特別な手続きは必要ありません。

<散骨の基本ルールについて>
基本的なルールは、以下の2点です。
○焼骨は、すべて2~3ミリ以下(人のお骨と判断できない大きさ)に砕くこと。
○散骨場所や方法は、近隣住民の感情を充分考慮し、節度をもって行うこと。

<散骨の方法と注意点>
散骨は容認されているとはいえ、何処でも出来るというわけではありません。
人が多く集る公の場や他人の私有地などに、許可なく散骨することはできません。
近隣住民の感情を考慮し節度をもって行う・・・という基本ルールがありますので、
人目につかない海(海岸)や川、山や森などが一般的です。
散骨の際、いかにも葬儀という服装(喪服など)は避けた方が良いでしょう。
線香や供物(花)などをその場に残すのもお奨めできません。
散骨した跡が残らないよう、周辺環境への配慮が必要です。
形式よりも故人を弔う気持ちが大切です。心の中でお別れをいたしましょう。

<ご遺族で砕骨(粉末化)する場合の方法>
弊社では専用の機械で砕骨いたしますが、お客様ご自身で砕骨することもできます。

・骨壷の中には、釘や金属の燃え残りなどが残っている場合があります。
危ないので、砕く前にあらかじめ取り除きます。
・厚手の布袋に焼骨を入れ、外からハンマーなどで少しずつ丁寧に叩いて砕きます。
・隙間2~3ミリ程度の"ふるい"を使い、細かくなったものは別の容器に納めます。
・ふるいに残った大きなものは、布袋に戻し再度砕きます。
・この作業を何度か繰り返し、すべて1~2ミリ以下の顆粒粉末状にします。
・さらに細かくしたい場合は、乳鉢などを利用すると良いでしょう。
・焼骨は湿気を吸いますので、密閉式の容器や袋で保管することをお奨めします。

その他、散骨についてのご相談は、直接弊社へお問い合わせ下さい。

質問一覧へ

このページのトップへ